【徹底比較!】プライムイングリッシュとHapa英会話はどっちが買いか?

【徹底比較!】プライムイングリッシュとHapa英会話はどっちが買いか?

【徹底比較!】プライムイングリッシュとHapa英会話はどっちが買いか?

 

 

ちまたにはたくさんの英会話教材があふれていますので、いざ購入するとなると、どれを買っていいのか迷ってしまいますよね。

 

 

聞き流すだけの英語教材や、日常英会話に特化した教材、海外旅行向けの会話に特化した教材、TOEICを意識した教材などいろいろな種類があります。

 

 

その中でも特に人気のある、プライムイングリッシュとHapa英会話です。

 

 

ここではこの2つを取り上げ、どっちが買いなのか徹底比較してみることにしました。

 

 

 

★それぞれの特長について

 

 

・プライムイングリッシュ

 

 

この教材で大きく取り上げるべき特長は、ネイティブが必ず使用している「音声変化」について、詳しく解説しているところです。

 

 

音声変化の説明なしでは、英語のリスニングもスピーキングもマスターすることは出来ないと言ってもいいほどです。

 

 

日本人がネイティブの話すことが聞き取れない原因と、ペラペラ話しているつもりでもネイティブに理解されていない原因は、この音声変化にあるのです。

 

 

そこでプライムイングリッシュでは、教科書のアルファベットの音声変化をするところにカタカナでフリガナを振ってまで、音声変化を理解させることに努めています。

 

 

音声変化にはある一定のルールがあるので、これが聞き取れるようになればリスニングはかなり楽になります。

 

 

そして同時にスピーキングにおいても、ネイティブに理解されやすくなるのです。

 

 

音声変化をマスターしやすいようにと、「サンドウィッチリスニングシステム」や「3ステップスピーキングシステム」を独自に開発し、面白いストーリー仕立てで無理なく学習し続けられる構成にしています。

 

 

学習する内容は、若者6人による仕事・恋愛・ファッション・同僚との関係など、ごくありふれた日常のシーンです。

 

 

継続して学習していけば、6ヶ月で英語が話せるようになることが実感できるでしょう。

 

 

【徹底比較!】プライムイングリッシュとHapa英会話はどっちが買いか?

 

 

 

 

・Hapa英会話

 

 

この教材は、海外旅行へ行った際に使う頻度が多い英会話を徹底的に学ぶ、というスタンスのトラベル英会話です。

 

 

旅行先の空港やホテル、レストラン、タクシー、カフェなどの様々なシーンでの会話が学べますので、旅行を計画している人などは楽しみながら覚えることができるでしょう。

 

 

Hapa英会話独自の「3ステップロールプレイ学習法」により、学習していきます。

 

 

ステップ1では、会話の流れを聴いて覚えます。

 

 

ステップ2では、単語とフレーズをざっくりと覚えていきます。

 

 

最後のステップ3では、CDでロールプレイを繰り返します。

 

 

それによって実際にネイティブと会話するときには、ロールプレイの会話パターンから、その場面に合ったフレーズを見つけ出すことができるようになります。

 

 

Hapa英会話が特徴的なのは、話す英語と聞く英語を分けて考えていることです。

 

 

そのため、自分が話すパートでは日本語→英語の順に聞いて覚えます。

 

 

そして相手が話すパートでは、英語→日本語の順に聞いて覚えるというように、英語と日本語の順番が逆になります。

 

 

著者のセニサック先生は、「日本人が学習する場合、話すと聞くを別々に切り離して考えた方が効率が良く、期間も半分ほどで習得可能になる」と言い、聞き取る事は後回しにし、まず自分が話すことを集中的に学びます。

 

 

話す土台ができれば、ヒアリング力も自然に身につくような内容にプログラムされているのです。

 

 

Hapa英会話では近道は存在せず、ひたすら反復練習あるのみです。

 

 

つまり完全に頭に叩き込むことで、実際の会話で相手が言うだろうと思われる言葉を予測できるようになるまでに持っていくのが目的です。

 

 

そうすることで脳が自然に、聞き取れなかったところがあっても補って完全なものにしてくれるようになるので、実際のネイティブとの会話でリスニングが楽に出来るようになります。

 

 

【徹底比較!】プライムイングリッシュとHapa英会話はどっちが買いか?

 

 

 

 

★教材のレベルについて

 

 

プライムイングリッシュで出てくる文法や単語は、ほとんどが中学校や高校初期で習うレベルのものです。

 

 

日常会話で実際に使うのは、それほど難しい文法や単語ではないからで、ネイティブが日常生活でよく使うフレーズばかりです。

 

 

学ぶ内容が多すぎると、結局はどれも中途半端になってしまいがちですが、プライムイングリッシュでは教材のボリュームは少なめですが、学習の中身は濃密です。

 

 

一方Hapa英会話はというと、日常会話のロールプレイ形式で学習し、シチュエーションにこだわった作りになっています。

 

 

けれども覚えることの範囲は狭くて決まったパターンなので、ひたすら反復練習をしていきます。

 

 

実際に外国人やネイティブと会話するときには、この会話パターンの中から適切なフレーズを見つけ出すことになります。

 

 

レベルとしてはこちらも初心者向けなので、プライムイングリッシュと同様、どなたでも出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★プライムイングリッシュとHapa英会話では、どちらが買いなの?

 

 

海外旅行の計画がある人なら、Hapa英会話は楽しく学習できると思います。

 

 

また、海外旅行好きな方も勉強しておいて損はありませんね。

 

 

接客に必要な会話のフレーズも、外国人の道案内や質問などにも対応することができます。

 

 

しかし、日常的に英語で外国人やネイティブと会話が出来るようになりたい方でしたら、断然プライムイングリッシュがオススメです。

 

 

プライムイングリッシュは、初心者から英会話にチャレンジしたことのある経験者まで、誰でも結果が出せるように作られた日常的な会話での学習内容です。

 

 

英語が苦手な人でも、無理なく英語が聞き取れて話せるようになるように、また効率的に学習できるように、ベストな方法をプログラムしてあります。

 

 

そのために工夫されているのが、次の5つ方法です。

 

 

「音声変化」「発音とリズム」「サンドウィッチリスニングシステム」「3ステップスピーキングシステム」「面白いストーリー仕立て」の5つですが、これには英語を本質的に理解するために必要な要素が全て凝縮されています。

 

 

Hapa英会話では「3ステップロールプレイ学習法」を使用しての「面白いストーリー仕立て」に近い会話はありますが、英会話で最も必要となる「音声変化」や「発音とリズム」については全く触れられていないのです。

 

 

先ほども言ったように、ひたすら反復練習あるのみです。

 

 

もちろんプライムイングリッシュもそうですが、音声変化を知った上での練習となると、リスニングにしてもスピーキングにしても上達の速度が違います。

 

 

そして、応用も効きます。

 

 

海外旅行に行く予定がある人もそうでない人も、やって良かったと思えるのがプライムイングリッシュです。

 

 

プライムイングリッシュの口コミや評判が気になる方は、下記を見てくださいね。

 

 

プライムイングリッシュの口コミ・評判は?

 

 

プライムイングリッシュは初心者に向いている?評判・口コミをチェック!